浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 2010.3 世界選手権 » TITLE … 世界選手権 初出場の鈴木明子 涙の転倒 SP20位【まとめ】

世界選手権 初出場の鈴木明子 涙の転倒 SP20位【まとめ】

2010-3-28-20.jpg 2010-3-28-21.jpg

フィギュアスケート世界選手権初出場の鈴木明子選手が、冒頭のジャンプで氷上で1回転する程激しく転倒し、48.36点でSP20位という厳しいスタートとなりました。

バンクーバーオリンピックで8位入賞と健闘してくれましたが、激闘の疲れが残ってしまったんでしょうか。
アッコちゃんはリカバリーの上手さが強みだったのに、ミスがミスを呼ぶような結果になってしましました(>△<)

演技後のインタビューでは、「申し訳ない気持ちでいっぱい。このままで終わりたくない。FSは思い切って滑る。」と、涙ながらに答えていました。
まだ気持ちは萎えていないようですから、悔いのないように精一杯の演技をして欲しいです。
頑張れアッコちゃん!!

続きを読むに、ネットニュースのまとめ。

♪ 続き ♪

「このまま終わりたくない」

 フィギュアスケート世界選手権第4日(26日、イタリア・トリノ)SP20位と出遅れた鈴木は「申し訳ない気持ちでいっぱいです」と言うと、大きな目から涙があふれた。

 「公式練習からしっくりしなかった」というジャンプは冒頭で転倒し、その後の2度も着氷が乱れて大きく減点された。スパイラルでぐらつくミスもあり、48・36点の厳しい得点。五輪で8位と健闘したシーズンを締めくくるフリーへ「このままで終わりたくない。思い切って滑る」と気持ちを奮い立たせた。(共同)

目を疑うような大出遅れ

フィギュアスケート世界選手権第4日(26日、イタリア・トリノ)冒頭のジャンプで転倒すると、スパイラルではバランスを崩し、2回転半ジャンプも着氷で乱れた。バンクーバー冬季五輪で8位と健闘した鈴木は、前を滑るトップ選手の低迷の連鎖に巻き込まれるように、48・36点と目を疑うような点数で大きく出遅れた。

 滑走順は金妍児の直後で、五輪と同じだった。重圧がかかりそうな状況にも「五輪ではミスがあったので、もう一回この順番でやり直しと言われているのかな」と前向きにとらえていたが、最悪の結果になった。

 中野友加里の欠場で、初出場が決まった。しかも、摂食障害から完全復活する足掛かりとなった3年前のユニバーシアード冬季大会と同じトリノが舞台。不思議な縁を感じていたが、思わぬ展開となった。(共同)

 
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ