浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 2010.3 世界選手権 » TITLE … 浅田真央の表彰式をカットした理由をフジテレビが自己弁護【動画】

浅田真央の表彰式をカットした理由をフジテレビが自己弁護【動画】

2010-4-6-3.jpg

フィギュアスケート世界選手権で浅田真央選手が優勝したにも関わらず、フジテレビは表彰式の大部分を放送しませんでした。
このゆゆしき問題に対し、見苦しい自己弁護をしている動画です。

この編集が非難を浴びているのは、自国の選手が世界女王に輝いた時はほとんどをカットしているのに、韓国のキム・ヨナ選手が優勝した時には全編を放送していたせいです。
韓国の選手を称える放送だけは熱心で、自国の選手はないがしろにする態度ははおかしいと、かなりの数の批判を受け、釈明に到ったようです。

番組内で紹介された視聴者からの意見は、「日本人選手が優勝して楽しみにしていたのに、メダル授与、君が代、国旗掲揚、ウィニングランを放送しなかった。」、「日本の宝の扱いが悪すぎる。」、「視聴者を無視している。」といった、的を射た意見が多かったです。

それに対して、フジテレレビ広報室長の小田多恵子さんが弄した言葉は、説得力に欠けるものでした。

放送時間枠が少なかったとか、日本人選手のグループ分けが散らばっていたとか、100回記念だから多くの選手をしようとしたとか、プロとは思えない言い訳を並べ、「表彰式のすべてを紹介するのは不可能だった」としていますが、それらを総括して上手くまとめるのが編集の仕事です。
編集する能力がないなら、そもそも放送権を得る資格がないです。日本の貴重な電波を無駄にしないでいただきたい。

インターネットに普及で各メディアに震撼が走っていますが、こんな愚かな編集をするようでは、視聴者離れに拍車をかけるだけです。
目先の大株主である韓国人会長や、大手広告代理店の韓国人会長に媚びる事だけ一生懸命で、その先の視聴者に寄り添う気持ちがないなら、誰もフジテレビにはチャンネルを合わせなくなるだけです。

ちなみに、高橋大輔選手も優勝し、日本男子初の世界チャンピオンとなりましたが、やはり表彰式はほとんどカットされています。
広報室長が話した、「今回の意見を真摯に受け止め、今後の番組作りに活かしたい。」の言葉が、その場しのぎの詭弁に終わらない事を願います。

2010年4月3日、「新・週刊フジテレビ批評」にて放送されました。

♪ 続き ♪




▲スウェーデンの方による、「君が代」のアカペラ

なんて気の利いた演出!
もちろん、誰が優勝するかは分からないので、日本以外の国家も練習していたと思います。
一部でも良いから、こういうの放送して欲しかったよ。


フジテレビの釈明は言い訳になっていないと思われた方、  
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ