浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » ~2010.6 テレビ出演・他 » TITLE … 不正を暴露したエフゲニー・プルシェンコに露スケ連とISUが逆ギレ

不正を暴露したエフゲニー・プルシェンコに露スケ連とISUが逆ギレ

2009-10-25-30.jpg

トリノオリンピックで金メダル、ソルトレイクとバンクーバーオリンピックで銀メダルと、フィギュアスケート界では史上最高のオリンピックメダリストのプルシェンコ。

それなのに、来季の大会への出場資格が剥奪されてしまいました。
ロシアスケート連盟が、プルがISU非公認のアイスショーへ参加した事をISUに告発し、ISUが出場資格を剥奪したのです。

けれど、同時期に同じようにISU非公認のアイスショーへ参加したジョアニー・ロシェット選手や、ジョニー・ウィアー選手は、来季の大会への出場が認められました。

そもそも、プルがISU非公認のアイスショーに参加した事を、ISUが認知していなかった訳はありません。
プルを持て余した露スケ連が、告発という形を利用して、ISUにペナルティを課すよう働きかけたのだと推測が成り立ちます。

つまり、露スケ連の不正経理に苦言を呈したり、ISUの採点基準に是非を唱えたりした事への、見せしめやけん制の目的が大きかったのだと思います。

冬季五輪をソチに誘致する事に貢献し、フィギュアスケート界を牽引してきた選手に対し、露スケ連盟は感謝の気持ちを持てないのでしょうか。
選手によって採点基準を変えてきたISUは、処罰も選手によって変えています。最低です。

不正を指摘されて反省もせず報復措置を取れば、ファンの気持ちはますますプルに傾き、既に地に落ちているISUの信頼が益々泥まみれになるだけです。

日スケ連も大概ですが、露スケ連にも幻滅しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ