浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ~2010.10 テレビ出演・他 » TITLE … 浅田真央の最大のライバル、キム・ヨナの得異技を集めました。

浅田真央の最大のライバル、キム・ヨナの得異技を集めました。

     

浅田真央選手の最大のライバル、キム・ヨナ選手の得異技を集めたものです。
転載が認められていたので、拝借してきました。

ヨナの高評価ポイントを皮肉たっぷりにいじっています。
シニカルな文体ですが、実に的を射た考察がなされています。

エレメンツひとつひとつを取っても、日本の宝・真央とは天と地ほどの差が開ているんですよね。
いくらジャッジを抱き込んで水増し加点を得ても、そのからくりに気づいている人はたくさんいます。

GPシリーズもエントリーはしたけど調子を見て出場を決めるとか、そんなどっちつかずな態度ならもう引退すれば良いのに。
世界選手権ではグダグダ演技なのにFSのスモールメダルを持って行くとか、本当に迷惑なんですよ。

今もこれまでの悪夢がまざまざと脳裏によみがえり、やるかたない無念さに歯噛みする思いですc(`皿´c)ギリギリ
八百長はもうたくさんなので、母国で腰の養生でもしてて下さい。

♪ 続き ♪

<紙上クイーンの特異技>

・パーフェクトリップ
まさにリップのお手本。完璧なリップ。
まるでルッツのようなキレがある。彼女が教科書ジャンパーと呼ばれる所以。

・ファーストロングジャンプ
陸上競技を取り入れた新しいファーストジャンプの形。
その圧倒的なスピードと飛距離で回転不足がまったく気にならない。

・スルージャンプ
フリップをあえて跳ばないことで演技の質と芸術性を高めた。
この技をもってしてエリック杯で世界新記録を樹立。
国内外のマスコミからも彼女の機転が絶賛された。

・トライアングルバレエジャンプ
「Don't Stop The Music」でコーエンが行ったバレエジャンプを世界一の技術でアレンジ。
下半身のシルエットが二等辺三角形になるという幾何的な美しさがある。

・エコステップ(別名:インビジブルステップ)
いつしたかわからないほどの滑らかなステップ。体力が温存でき、後半の演技に支障をきたさない。
会場の温度も下げて地球温暖化を防ぐ。演技にエコを取り入れるのはスケーターの中でもヨナただひとり。
このことはPCSで高く評価されている。

・ストップステップ
エコステップの究極系。素人には止まったように見えるが、実際に止まっている。
しかしこれはすべて計算された動きである。
他の選手が行うと大幅に減点されてしまうため、彼女の並外れた表現力なしには実現しない諸刃の剣である。


2010-4-28-111.jpg


<紙上クイーンの特異技2>

・ハイシットスピン
ジャンプにおいて高さが評価されている彼女だが、シットスピンにも高さを取り入れた。
その高さは他の追随を許さない。

・ビフラートスパイラル(ビブラートスパイラル)
繊細に左右に躍動することで表現力を高めた。
「わざ」と軸を傾け「わざ」と不安定な態勢のまま「わざ」とらしい表情を保ち、
それでもなお転倒しないのが、彼女の「わざ」である。
ジャッジからはレベル4の好評価を受けた。

・ヨナバウアー
レイバックとは思えないほど、すばらしく高いポジションのイナバウアー。
彼女の確固たる意志の強さは体の硬さにもあらわれている。
苦しみを表現しているという表情は真に迫るものがあり、子どもが泣き出すほどである。

・ヨナイーグル
ファーストロングジャンプの助走。
他のスプレッドイーグルが左右のエッジの軌跡が重なるのに対し、彼女のものは驚くほど重ならない。
アシンメトリーの美学をイーグルで表現した。

・トラベリングガーリックビールマンスピン
他の選手にはない丸みを帯びた優しいフォルムで世界を魅了した。
まるでにんにくような均整のとれた美しいシルエットである。
分解酵素アリイナ-ゼという物質はにんにくの臭いの元である。

・ヨナキャメル
そんなものはない。



ヨナの引退を願う方、  
 ↓コチラ↓をクリックお願いします。 ↓コチラ↓もクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
       (にほんブログ村)        (人気ブログランキング)

       応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ