浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 浅田真央帰国「1人の男性を思うように」、新演目は「愛の夢」【動画】BLOGTOP » ~2010.10 テレビ出演・他 » TITLE … 浅田真央帰国「1人の男性を思うように」、新演目は「愛の夢」【動画】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央帰国「1人の男性を思うように」、新演目は「愛の夢」【動画】

2010-6-21-1.jpg 2010-6-21-2.jpg 2010-6-21-3.jpg

フィギュアスケートの浅田真央選手が、20日にカナダより帰国しました。
おかえり~。待ってたよ~ヾ(*^▽^*)〃

来季のSPは、シュニトケの「タンゴ」との事。
振付はタチアナ・タラソワコーチが務めます。
来季からは女子SPのアクセルジャンプでも3Aが認められたので、3Aと3-3を入れた高難度の演目になるそうです。
ハードルが高い!(^^;
曲のジャンルとしては、EXでもタンゴ調の演目を披露していましたし、真央ちゃんに合ってると思います。
タラママらしい、1ひねりあるプログラムを期待します。

FSはかねてからの噂通り、リストの「愛の夢」で決定だそうです。
振付はローリー・ニコル氏が担当。
これはイメージぴったりですね。
ニコル氏が捉えている真央像に近そうなので、良いものが期待できそう。

EXはショパンの「第1番ト短調」。
有名な曲は見る人それぞれの先入観があると思いますが、管理人は一度頭の中を白紙に戻して、真央ちゃんの演技を見てみたいと思います。

ジャンプ選任コーチとして、すでに長久保裕コーチから指導を受けていることも明らかになりました。
DG刺されやすい3Aの完成度を高めるのと、ルッツが課題かな?
3-3のセカンドジャンプに3ループも復活できると、すごい強みになりますよね。
1年でルッツやセカンド3ループ完成させるのは、さすがにあせりすぎかもですが、調子を見ながら上手く試合に取り入れていけると幅が広がりそうですね。
ジュニア時代には合宿で練習を見てもらってましたし、長久保コーチなら上手くまとめてくれると期待してます。
うふふ♪(∩^ω^∩)

専属コーチはまだ未定との事。
このままメインコーチがつかない可能性もありえるんですよね。
ラファエル・アルトゥニアン前コーチから突き放され、シーズン途中からコーチ不在のまま孤独に戦っていた時期もあったので、半端な覚悟のコーチに就くよりは良いのかも知れませんが…。
どんなにスゴくても、真央ちゃんはまだ19歳の女の子。
真央ちゃんが一身に背負うプレッシャーを少しでも軽くしてくれるような、良いコーチに師事できるといいなと思います。

続きを読むに、動画とネットニュースの引用。

♪ 続き ♪

真央「一人の男性を思うように」 新演目は「愛の夢」

バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケート女子銀メダルの浅田真央(19)=中京大=が20日、来季用のプログラムを作っていたカナダから帰国し、成田空港で会見した。

 新演目はショートプログラム(SP)がロシア人のタチアナ・タラソワ氏の振り付けによるシュニトケ作曲の「タンゴ」、フリーはカナダ人のローリー・ニコル氏の振り付けたリスト作曲の「愛の夢」。浅田は「SPは品がある感じ。フリーは一人の男性のことを思うような動きが入っている」と話した。また、ジャンプ専門のコーチとして、トリノ五輪金メダルの荒川静香さんを育てた長久保裕コーチに今月から指導を受けていることを明かした。メーンコーチはまだ検討中という。

意味深発言も…真央“大人の愛”魅せる

フィギュアスケート女子の浅田真央(19=中京大)が20日、カナダでの新プログラムづくりから成田空港に帰国した。来季の使用曲はショートプログラムがシュニトケ作の「タンゴ」、フリーはリスト作の「愛の夢」に決定。

 「愛の夢」はロマンチックな大人の曲で「今のままの自分を出せる。好きな男性がいるかいないかは別として、会いたいとか、夢の中に出てきたとか、想像しながら滑れる」と“意味深発言”を口にした。恋人がいるのか、片思いなのか、詳細ははぐらかしたが、自身の思いを素直に反映できる曲という。

 今月からジャンプの専任コーチとして荒川静香さんらを育てた長久保裕氏(63)に師事。メーンのコーチは未定で、今季は置かない可能性もある。現役続行を宣言したライバルのキム・ヨナ(韓国)については「引退すると言っていたわけではないので、やるんだなあ、と思った」と淡々と話した。

大人の真央 テーマは『愛』 合宿先のカナダから帰国

バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダリストの浅田真央(19)=中京大=が20日、合宿先のカナダから帰国し、今季の新プログラムでショートプログラム(SP)ではシュニトケ作曲の「タンゴ」を、フリーではリスト作曲の「愛の夢」を使うことを明らかにした。また、ジャンプではトリノ五輪金メダリストの荒川静香さんらを育てた長久保裕コーチに今月から師事していることも明かした。

 20歳を迎えるシーズン、真央のテーマは「愛」だった。「愛、その通りの曲。好きな男性がいることを想像して、男性のことを思った動作を入れています。今のままの自分を出せると思うので、すごく楽しみです」。ローリー・ニコルさんの振り付けには好きな男性に近づいたり、夢で出てきたりといった動作もあるといい、大人の真央を見せるにはぴったりのプログラムだ。

 もともと「愛の夢」は不調に陥った昨季序盤、重厚な「鐘」に代わってバンクーバー五輪で使用することも検討した曲。それだけに「いずれはやってみたいと思っていたので、自分で決めた」と思い入れもひとしおで、滑るのを心待ちにする。

 折しも国際スケート連盟はSPで必須となっている2回転半ジャンプを、浅田の得意とするトリプルアクセル(3回転半)でも認める新ルールの導入を決めたばかり。ジャンプ指導に定評のある長久保コーチの手腕、さらに念願の自分に合った曲と新シーズンへこれ以上ない好条件が整いつつある。「すごくいいプログラムができたと思う。1つ1つの試合をしっかりやっていきたい」。2010~11年シーズンは愛を演じる“大人の真央”に注目だ。

浅田にジャンプ専任コーチ フリー新曲は「愛の夢」

バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子銀メダルの浅田真央(中京大)が20日、新プログラムづくりのため訪れていたカナダから帰国後に成田空港で記者会見し、トリノ五輪優勝の荒川静香さんらを育てた長久保裕コーチに今月からジャンプの指導を受けていることを明らかにした。ただし、ジャンプだけの専任コーチで、タチアナ・タラソワ前コーチの後任は未定という。

 来季の使用曲はショートプログラム(SP)がシュニトケ作のタンゴ曲、フリーはリストの「愛の夢」に決まり、ローリー・ニコルさんが振り付けたフリーは「一人の男性を思うような動きも入っている。今の自分を出せる」と話した。

 国際スケート連盟(ISU)のルール変更を受け、SPは単発のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と2連続3回転ジャンプを入れた高難度の構成に挑むという。
(共同通信社)

浅田真央にジャンプ専属コーチ 新プログラム完成

フィギュアスケート女子でバンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(中京大)が20日、新しいプログラムを完成させてカナダから帰国し、ジャンプ専門のコーチとして、トリノ五輪金メダルの荒川静香さんらを育てた長久保裕コーチから指導を受けていることを明らかにした。全般的な指導を行う、前タチアナ・タラソワコーチの後任はまだ決まっていない。

 長久保コーチには、ジュニア時代の合宿で練習を見てもらった経緯があり、「小さいころの昔のジャンプに戻してくれると思う」と浅田はわくわくした表情をみせた。

 プログラムは、今季から国際スケート連盟(ISU)が高難度の技をより高く評価する方向へルール変更したことを受けて構成。ショートプログラム(SP)は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に、2連続3回転ジャンプを加えた。

 曲はSPが「タンゴ」で、フリーはリスト作の「愛の夢」に決めた。男女の愛をテーマにするフリーが楽しみのようで、「一人の男性を思う動きが入り、今の自分が出せると思う」と笑った。




 
↓コチラをクリックお願いします。 ↓コチラもクリックお願いします♪ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ
     (にほんブログ村)      (人気ブログランキング)

    応援ポチが更新の励みです。ありがとうございます

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。