浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … キム・ヨナが来季の大会に出場しない?ぜひそうして下さい!BLOGTOP » ~2010.10 テレビ出演・他 » TITLE … キム・ヨナが来季の大会に出場しない?ぜひそうして下さい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナが来季の大会に出場しない?ぜひそうして下さい!

  

「信頼できる筋からの情報によると、キム・ヨナは来季のプログラムさえ作っていない。
100万ドルの新たなCM契約の話もあり、スポンサー契約やアシスショーを中心にするつもりらしい。」
と、Tony Wheeler氏のブログに書かれていました。

Tony Wheeler氏は、バンクーバーオリンピックの審判にたずさわり引退を決めたパトリック・イービン氏にインタビューし、「フィギュアスケートでは10%しか正当なジャッジは行われていない」と告白させました。
また彼は、ソニア・ビスケッティ審判にもインタビューし、ジャッジの問題点を上げています。

Tony Wheeler氏のブログ⇒Flutzing Around
イービン氏のインタビュー⇒Patrick Ibens Interview
ビアンケッティ氏のコメント⇒ Sonia Bianchetti: "The role of a judge now is as exciting as that of a cashier in a supermarket!"
(3つ共英字サイト)

Tony Wheeler氏の肩書きはライターではなく学生となっていますが、それにしては人脈が学生の範囲を超えてますよね。
大学に籍だけ置いてるのかな?
どういう人物なのかはイマイチはっきりしませんが、フィギュア関係者にパイプがある人物ではありそうです。
「信頼できる筋」というのが誰の事か分かりませんが、ぜひ母国でタレント活動に専念してもらって、リンクには戻ってこないで欲しいですね。

世界選手権でボロボロの演技だったヨナがなぜか銀メダルを獲った事で、世界中から疑問の声があがりました。
世論の糾弾を受けたジャッジが不正を自重して、正当な判定をしてくれるなら、再戦して真実の順位を明らかにして欲しい気持ちはありますが、実際には不正の完全な排除は難しいと思います。

ISU理事の平松純子氏が、「新ルールがどうなるかまだ分からない」という一方で、来季活躍する選手を実名で予告していました。
その中には、ヨナの名前もありました。
ルールがどうであれ、ISUが誰を勝たせたいかは、すでに決まっているという事です。
ISUはすでに腐っており、自浄作用が働きません。

主催がこれで、ヨナがあれでは、クリーンな大会は望むべくもありません。
五輪憲章違反で不正常習犯のヨナには、引退してもらうしかありません。

ヨナはミシェル・クワンさんをたらしこみ、ヨナ母が代表を務めるオールザットスケート主催の韓国のアイスショーに一緒に出演し、ラ・ルーの「ブリットプルーフ」の新エキシビションを初披露すると発表していますが、上手くクワンさんに取り入ったものですね。

韓国ユニセフの親善大使にも任命されたそうですが、この辺りの立ち回りの上手さだけはある意味感心しますよ。
本当に浅ましくてずる賢い。

これ以上リンクを汚されたくないし、もうヨナの演技は見たくないので、来季だけ休養とは言わず、このまま引退して欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
▲バナークリックによる投票でランキングが上がります。
2つとも応援ポチしてもらえると、とても励みになります。
ぜひぜひ、クリックによる投票よろしくお願いします。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。