浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » CATEGORY … 準備中

村上佳菜子 「真央ちゃんとは昔から仲良し」 「メレンゲの気持ち」【動画】

   
真央・佳菜それぞれの高校入学式の姿


村上佳菜子選手が「メレンゲの気持ち」に出演した動画です。

佳菜ちゃんがお婆ちゃん宅でギョウザ作りをしたり、コレクションの香水を披露しています。

また、真央ちゃんからもらったお下がりの高校の制服の話しや、中京大学のリンクのフロントの映像もあります。
あいにくリンクには誰もいなかったようですが、美姫ちゃん・真央ちゃん・佳菜ちゃんの単体写真と、3人一緒のパネルが飾られています。
そこでお食事中の満知子先生の姿も(^m^)

真央ちゃんとの小学2年生の時の2ショット写真や、挨拶の仕方、幼い頃から現在に至るまでの関係についても話してします。
どうしても司会者が真央ちゃんの話題を振るし、会場もそちらへの反応が露骨なので、ちょっとかわいそうな気もします(^^;

2012年7月21日、日本テレビ系列にて放送されました。

続きを読む »

動物愛護法の見直し 環境省が国民に意見を求めています。

今回の記事はフィギュアではなく、環境省が国民に意見を求めている動物愛護法の見直しの話しです。
フィギュアの記事を期待して下さった方には申し訳ありませんが、動物好きな方はご一読下されば幸甚です。

-以下、本題。

今年は5年に1度の動物愛護法の見直しということで、環境省が国民に「動物取り扱い業の適正化について」の意見を求めています。
これは、ペット業者のあり方に疑問を持つ一般の愛犬家・愛猫家の意見を、環境省に吸い上げてもらえるチャンスです。

繁殖現場で産む機械にされてる動物、明らかに病気なのに治療してもらえない動物。
そういったペット達の過酷な飼育環境を、ニュースや機関紙等で目にした方もいれば、ペットショップ等で目撃した方もいると思います。

5年前の前回の見直しでは、一般人の認知率がまだ低く、改正させまいとする悪質業者の票が多く集まり、改善することができなかったそうです。

今年はインターネットの広まりもあり、各サイトやマスコミが取り上げているので、目にした方も多いかもしれません。
是非、5年に1度のこの機会を活かしましょう。
今回を逃したら、次はまた5年後です。

国民の意見(パブリックコメント)の提出期限が8月27日(土)までということで、遅まきながらも当ブログでも告知させていただきます。

ただし、パブリックコメントのメールは決まった書式で書かなければいけません。
一見面倒に感じますが、書式さえわかれば難しいことではありません。

コピーライターの糸井重里さんの「ほぼ日刊トイ新聞」に、分かりやすくまとめられています。
犬と猫と人間の話
初めて投書される方の参考になるかと思います。

もっとわかりやすいサイトだと、こんなの↓もありました。
パブリックコメント作製補助ツール
こちらは、チェックをいれていくだけでパブリックコメントが作製できるもので、ご自分の意見の追記も可能です。
繁殖業者の不適切な飼育環境の写真もあります。


-私の個人的な話しをすると、うちのペットは捨てられた子達です。
例えペットを飼うきっかけがペットショップでの衝動買いだとしても、結果的に楽しく幸せに暮らしている家庭は多いと思います。
けれど、うちに来た子のように、無責任に捨てられてしまうペットもいます。

皆さんの中に、ペット販売業者から、「小型犬だから散歩は休日だけでいい」、「お手入れはブラッシングを週に2~3回だけでいい」、という説明を聞いた方がいるかも知れません。
私もペットショップで言われた事があります。

実際はそんな訳ありません。
生きているんだから、小型犬でも毎日の散歩は必要だし、毛は抜けるし、トイレにも行くし、しつけなければ吼えるし、構わなければスネて抗議行動します。全部当たり前の事です。
こういった事を、ペット業者が事前にしっかりと説明責任として果たしてくれていれば、捨てられてしまう不幸なペットも減ると思うのです。

そして、病気のペットを治療もせず、健康だと偽って販売する悪質な業者にもいなくなって欲しいのです。
締め切りギリギリではありますが、ペットの環境改善にご協力いただけると嬉しいです。

今回はフィギュアと関係ない記事ですので、ランキングバナーは貼りません。
また、締め切りのあるものなので、ある程度の期間が経過したら記事を削除します。
なお、私はうちの動物達がかわいくて仕方ないだけの親バカであり、いかなる動物愛護団体にも所属していない事を、念のため申し添えます。