浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2019年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » CATEGORY … ~2010.10 テレビ出演・他

キム・ヨナとオーサーの泥仕合 決別の理由は「相手のせい」

2010-4-28-111.jpg

キム・ヨナとブライアン・オーサーの泥仕合が続いています。
ヨナはネットで、オーサーはメディアを利用して、ののしり合いが止まらないようです。

コーチ料やレッスン時間や、ヨナ母のワンマンぶりを暴露。
果ては、無断で来季の新プログラムを公開したり、やりたい放題。

オーサーを敵に回した事で、ヨナはオーサーの母国カナダ・トロントのクリケット・スケート・クラブに居られなくなりました。
一緒に指導を受けていた、ヨナ母が代表を務めるATスポーツ所属で政治家の娘クァク・ミンジョン選手も、「今後は教えない」とオーサーから最後通告されました。

八百長の片棒を担いでオリンピックで金メダルまで獲らせたのに、カナダ開催のオリンピックシーズン終了と同時に使い捨てにされたから、怒りがおさまらないのでしょうか。

まぁ日本人からみたら、お互い礼儀も感謝の気持ちも持たない、どっちもどっちの見苦しい2人です。
それより何よりも、無関係の真央ちゃんを破綻の一因であったかのように言われて、不愉快であるばかりです。
スポーツマンシップは無いのか。
2人共、真央ちゃんに謝れ。

しかし、不思議な程オーサーはメディアに対して強い影響力を持っていますね。
対するヨナは、自分のホームページやツイッターでつぶやいているだけ。
ツイッターの「嘘はやめて、B。(=ブライアン・オーサー)」の投稿は、即日で削除されたそうです。
不正の事実が暴露されるのだけは避けたいから、あまりオーサーを刺激しない方法を選んでいるようにも見えますね。

ヨナはすでに、来季のFSプログラムの練習は始めているらしいですが、コーチ不在で世界選手権に出場するつもりでしょうか?
これだけ揉めてしまったのだから、このまま引退しちゃえば良いのにね。

続きを読むに、ネットニュースの引用。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

「もう我慢できない」金妍兒、オーサー・コーチを批判

キム・ヨナとブライアン・オーサー氏が、師弟関係の解消について、お互いに相手が言い出したと主張し合う、泥沼のなすり合いをしています。

ヨナ母が代表を務めるATスポーツは、両者の関係に亀裂が入ったのは、真央サイドがオーサーにコーチの打診をしたからだと、真央ちゃんを泥試合に巻き込もうとしました。
けれど、オーサーの口から、「今後も真央のコーチをする事はない」と、キッパリ否定されています。

真央サイドはオーサーへのコーチ依頼を完全に否定しており、そもそもの問題はオーサーが「真央サイドに打診された」と捏造して、吹聴した事に発端しています。
真央ちゃんの名前を出して被害者面するATも卑怯ですが、オーサーも自分の首を絞めただけなので、解雇は完全なる自業自得です。

ヨナは「オーサーが嘘をついている」とし、オーサーは「ヨナに侮辱された」としています。
今回の騒動も、普通なら契約を更新しなかったというだけの事ですが、何で円満に解決できないのでしょう?
やっぱり、八百長の共犯者だから、金と欲が絡んで根が深くなったのでしょうか?

韓国は契約での揉め事が多いです。
ヨナ自身では、IMGからIBスポーツへの移籍でIMGに訴訟を起こされ、IBスポーツからATスポーツへの移籍でも訴訟騒ぎになっています。
オーサーの前任の朴コーチとも、訴訟沙汰になっています。
本来は手を取り合うべきマンジメント会社やコーチとも上手く付き合えないとは、どれだけ義理を欠いた人間なのでしょうか?

ヨナは自身のホームページに、「(決別の原因について)その経過を公開したくもないし、公開する必要もない。あくまでも我々だけの問題だ」、「メディアを利用して2人の問題を公表され、傷ついている」と書いています。

これまでメディアを利用して、他の選手を名指しで非難し続けてきたくせに、自分が非難されたとたんに「傷ついた」などと被害者に回るなんて、面の皮が厚いですね。
さすが、八百長の常習犯のクセに、’フィギュア・クィーン’を名乗る人は、普通とは神経が違います。

この問題がどう発展し、どこまで暴露されるのかは分かりませんが、ヨナにはまだまだ腹の中の皮算用があると思います。
こういった騒動を皮切りに、フィギュアで不正がしづらい方向に変化していく事を期待します。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

キム・ヨナ、コーチと決別 説明は双方で食い違い

2010-2-25-78.jpg

キム・ヨナがブライアン・オーサーと決別するそうです。
この真っ黒コンビが師弟関係を解消するとは、ちょっと意外です。

気になるのは、徳島新聞の「今年5月に他の選手からオーサー氏がコーチの打診を受けたとの話が浮上したことから関係が悪化」の文章。

その当時、オーサーが「真央サイドからコーチの依頼を受けた」と吹聴していましたよね。
真央事務所から、「そんな事実はない」とキッパリ否定されていましたので、デマだとハッキリしました。

ところがオーサーはその後も、ラジオで「正式ではなかったが、大会中の通路で真央陣営に打診された」とか何とか、苦しい言い訳?をしていました。
見苦しいですね。

オーサーによる真央コーチ就任の詐称がわだかまりとなって、コンビ解消に到ったのでしょうか?
でも、打診詐称騒動の後に、ヨナはオーサーとカナダに拠点を移してますよね?
なぜ、このタイミングでコンビ解消??

試合をさぼりたがっているヨナと、商品価値を維持する為に試合に出続けて欲しいオーサーの間で、交渉が決裂したんでしょうか?
裏で何かありそうですよね。

もう一つ心配な事。

真央ストーカーのヨナはどうしても3Aが飛べず、3Aの得意なオーサーに師事するに到りましたが、オーサーは3Aを伝授せず、今の技の完成度を高める戦略を取らせました。

来シーズンからジャンプに中間点が設けられた事で、降りられないジャンプを中間点狙いで跳ぶ選手が現れるのでは、と懸念されていました。

3Aを跳ばせないオーサーと決別した事で、真央ストーカーのヨナが、中間点狙いで3Aを跳んだら?
買収された審判が、真央下げ・ヨナ上げを続けたら?
無いとは言い切れないのが恐ろしいです。

ヨナも、コーチと決別したなら、フィギュアからも引退しちゃえばいいのに。
ヨナの引退を、心から願います。

続きを読むに、ネットニュースより引用。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

銭ゲバのキム・ヨナ 五輪憲章違反の国営銀行からボーナス支給?

2010-8-20-1.jpg

ヨナの年収は7億と言われていましたが、ついに8億円越えしたそうです。
韓国初の国際大会で表彰台に乗れるフィギュアスケーターとはいえ、違和感を感じる程の高収入ですね。
ヨナの個人スポンサーはうさんくさい企業もいくつかありますし、八百長の成功報酬といった意味合いも含んでの大盤振る舞いなのでは?と勘ぐってしまいます。

KB銀行はヨナにボーナスを支払った事を否定しているそうですが、理由は五輪憲章違反を危惧してのことでしょう。
KB銀行は、「五輪でヨナが金メダルを獲得すれば、金利が上昇する」という特約の口座を設け、大会前も大会中もヨナの写真入りのポスターや預金手帳などを使って宣伝し、約1万8千人もの新規顧客を獲得したそうです。

五輪公認企業以外が五輪を利用して商売をする事は禁止されているので、KB銀行はその時点で大問題ですが、その上ボーナスまで与えたとなったら、実弾でもみ消した五輪憲章違反の問題が蒸し返されかねませんからね。

フィギュアファンとしては、何度でも蒸し返して、ヨナの五輪金メダルが剥奪されればいいのにと願ってしまいます。
そうでなければ、真摯に頑張ってきた選手達が浮かばれないし、ファンとしても審判に信頼が置けなくなるし、高額なスポンサー料を支払った五輪公認企業だって納得できないでしょう。

ヨナの五輪金メダルが剥奪されれば、腹の虫が納まる人はたくさんいると思います。
オリンピック委員会に少しでも良心が残っているなら、今からでも遅くはないので、五輪憲章違反を明確にし、ヨナの金メダルを剥奪して下さい。
フィギュアスケートから八百長がなくなる事を、心から願います。

続きを読むに、ネットニュースの引用。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

最悪!!キム・ヨナが平昌冬季五輪プレゼンテーション参加

2010-8-20-1.jpg

キム・ヨナ、平昌冬季五輪プレゼンテーション参加へ

‘フィギュアクイーン’キム・ヨナ(20、高麗大)が2018年冬季オリンピック(五輪)の平昌(ピョンチャン)誘致に向けて、国際オリンピック委員会(IOC)のプレゼンテーションに参加する見通しだ。

AP通信は17日(日本時間)、チョ・ヤンホ平昌冬季オリンピック誘致委員長が「キム・ヨナら五輪チャンピオンらがIOCプレゼンテーションに参加することになるだろう」と明らかにした、と報じた。

チョ・ヤンホ委員長は「2010バンクーバー冬季五輪での韓国の優秀な成績が平昌の冬季五輪誘致において大きな力になるだろう。過去の金メダリストが力になる」と述べたという。

すでに平昌広報大使に委嘱されたバンクーバー冬季五輪女子フィギュアスケート金メダリストのキム・ヨナは5月、スピードスケートのモ・テボム、イ・サンファ、イ・スンフン(21、ともに韓国体育大)とボブスレーのカン・グァンベ(37)らとともに冬季オリンピック選手委員会にも出席している。
(中央日報)

以上、ネットニュースより引用。
続きを読むに、私見。

続きを読む »

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ