浅田真央と水蜜桃

 浅田真央選手・高橋大輔選手を中心に、
 フィギュアスケートの動画を紹介するブログです。
 採点の疑問も記事にしています。
 

10月« 2019年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » CATEGORY … 2012.12 全日本選手権

浅田真央 全日本公式練習で3A2度着氷 6度目Vへ不安なし

2012-12-21-1.jpg


トリプルアクセル2度決めた!6度目Vへ不安なし

 6度目戴冠へ万全だ。フィギュアスケートの全日本選手権は21日、北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕。22日の女子ショートプログラム(SP)に向け、浅田真央(22=中京大)が20日、会場で公式練習を行った。今月上旬のGPファイナルで抱えていた腰痛の不安も消え、トリプルアクセルにも2度着氷。今大会も大技は封印する方針だが、2年連続6度目の頂点へ視界は良好だ。

 鋭く回り、軽やかに銀盤に舞い降りた。22日の女子SPを見据え、30分の公式練習を行った浅田が、トリプルアクセルを2度決めた。今季はここまでプログラムに組み込んでいない大技。「自分で確認したらいい状態。いけると思うけど、曲に入れてあんまり練習をやっていないし、この試合ではやらない方向が大きい」。
今大会でも封印する可能性が高いものの、トリプルアクセルの着氷は好調の証だ。 

 不安も消えた。11月下旬のNHK杯終了後、持病の腰痛が再発。痛みを抱えたまま今月上旬のファイナルに臨み、4年ぶり3度目のタイトルを獲得した。10日の帰国後、病院で検査を受ける予定だったが、「病院には行ってないです。徐々に良くなってきて、高周波の治療を受けたら痛みはなくなった」と明かした。この日、腰に負担のかかるスピンは回避。だが、ファイナルの公式練習ではトライしなかった大技が、浅田のコンディションを物語っている。

 体調だけではなく、これまでの練習過程も自信の要因だ。全日本選手権へのトレーニングを始めた12日から19日まで、新横浜を拠点にする佐藤信夫コーチが浅田の練習拠点・中京大を訪れて付きっ切りで調整を進めてきた。「凄くいい練習ができた。シーズンインの時に比べれば、ジャンプも体も良くなっている」と笑みを浮かべた。 

 今大会には来年3月の世界選手権(カナダ・ロンドン)切符がかかっているが、ファイナルを制した浅田は既に当確。同2月の四大陸選手権(大阪)にも意欲を見せ「SPもフリーも、2つしっかりそろえることができれば、四大陸や世界選手権につながるいい試合になる」と気合を入れる。トリプルアクセルを解禁する13年へ、完璧な舞で弾みをつける。

(スポニチ 2012年12月21日)


大輔、公式練習で好調維持「結果は後からついてくる」

 ◆フィギュアスケート 全日本選手権(21日、札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ) 世界選手権(来年3月・カナダ)の代表選考会を兼ねた大会が21日に開幕する。20日は会場で公式練習が始まり、男子で2連覇を狙う高橋大輔(26)=関大大学院=や初の日本一を目指す羽生結弦(18)=東北高=、女子は浅田真央(22)=中京大=らが調整した。

 GPファイナルを日本男子で初めて制した高橋は4回転ジャンプを含めて好調を維持し「今できるパフォーマンスをやる。結果は後からついてくる」と落ち着いた様子。ファイナル2位の羽生も「全日本選手権独特の雰囲気はあるが、やることは一緒」とリラックスしていた。

 小塚崇彦(23)=トヨタ自動車=、町田樹(22)=関大=、無良崇人(21)=中京大=の今季GP優勝者も氷の感触を確かめ、何度も4回転を決めた織田信成(25)=関大大学院=の仕上がりの良さが目を引いた。

 女子はファイナル優勝の浅田が3回転半ジャンプを成功させ「調子が良くて跳べた。(痛みがあった)腰の状態も良くなってきた」と笑顔だった。鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=、村上佳菜子(18)=中京大中京高=は滑りを確認した。

 男子は21日、女子は22日にショートプログラム(SP)を実施する。

 高橋大輔「調子は悪くない。(大混戦の様相で)ミスしたらどこまで落ちるか分からない。守らず、硬くなり過ぎず、自分の演技を楽しめる自然体が理想」

 浅田真央「今は腰の痛みもない。GPファイナル後にすごくいい練習ができた。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の調子はいいが、先生(佐藤信夫コーチ)と話してやらない方向」

 羽生結弦「状態はばっちり。4回転は感覚をつかめている手応えがある。GPファイナルより成長したところを少しでも見せたい。表彰台には絶対に上がりたい」

 小塚崇彦「体は動いている。まずは最後までしっかり滑り切ることが大事。そこだけに集中したい。しっかりやれば大丈夫かなと思う」

 織田信成「氷の感触もいいし、ジャンプも調子がいい。力を出し切りたいと思いながら練習をしてきた。表彰台に上がって、世界選手権の切符を取りたい」

 鈴木明子「状態はいい。全日本選手権の緊張感を楽しみたい。ことし最後の試合で、終わったらガッツポーズできればいい」

 村上佳菜子「調子が良く、今日の練習で自信がついた。表彰台に乗って世界選手権の代表に選ばれるような演技ができればいい」

(2012年12月20日21時05分 スポーツ報知)

*文中の下線は管理人による

続きを読む »

浅田真央 全日本所信表明 「3Aは時の流れに任せる」

2012-12-20-1.jpg

2012-12-20-2.jpg

2012-12-20-3.jpg

2012-12-20-4.jpg

2012-12-20-5.jpg


浅田真央選手の全日本選手権への意気込みを語った動画を紹介します。
現在封印している3Aについて、どういう選択をするのか、どれだけ上にいけるか等について話しています。

そして、我らが真央ちゃん、ソチのGPFでは五輪グッズを買い込んだそうです。
五輪グッズを身に着けて練習することで、「またソチに戻ってきたい」というモチベーション維持に役立てるつもりだそうです。

日本はすっかりフィギュア強豪国となり、出場枠が3枠では足らない程で、国内戦が熾烈を極めています。
今度の全日本選手権も、世界選手権への出場枠をかけた激戦は必至でしょう。

真央は間違いなく日本の宝ですが、それでもソチ五輪へ出場できるのかはまだ分かりません。
ですが、真央が「またソチに戻ってきたい」と願うように、ファンとしても、ロシアの地でタラママによる芸術性の高いプログラムを演じる真央を再び見たいです。
五輪は多くの選手にとっての夢ですが、真央ちゃんならきっと夢を掴むと信じています(。•ㅅ•。)♡

また、すでに北海道入りしている荒川静香さんがスタジオと中継し、真央ちゃんの3Aの可能性についてコメントしています。

2012年12月19日、「すぽると」にて放送されました。
(おまけとして、全日本の番宣動画もあります)

続きを読む »

全日本選手権への意気込み 「GPS優勝より全日本表彰台は難しい」

2012-12-20-6.jpg

2012-12-20-7.jpg

2012-12-20-8.jpg


全日本選手権に出場する、選手達の意気込みを語った動画を2本紹介します。

①男子選手達の特集です。
高橋大輔・織田信成・小塚崇彦・羽生結弦・無良崇人・町田樹(敬称略)が登場します。

崇ちゃんが「GPS優勝より全日本3位以内の方が難しい」と話してますが、それは世界共通認識のようで、Pちゃんの「全日本に出場できなくて本当に良かった」の言葉が記者達の笑いを誘っています。
もちろん冗談ですが、本当に日本は国内大会が熾烈を極めていますから、半分本音でしょうね(´▽`)


②織田信成・鈴木明子(敬称略)が登場します。

殿はソチ五輪を現役最後の目標にしているそうで、いつもニコニコと明るい彼ですが、柔和な笑顔の内側では燃えるような闘志が息づいているのかも知れませんね。
どんな演技が見られるか楽しみです。

①2012年12月16日、②は同月17日、「すぽると」にて放送されました。

続きを読む »